クリスマスに食べたい!ブッシュドノエル ~意味、由来、レシピをご紹介~

クリスマスになるとケーキ屋さんのショーウインドーに並ぶブッシュドノエル。
どうして丸太の形をしているの?自分で作ってみたいけど、できるかな?
今回は、ブッシュドノエルに関するギモンに迫ります!

【ブッシュドノエルってどんな意味?】

丸太をかたどったブッシュドノエルは、フランスに古くから伝わるクリスマスケーキです。
フランス語でブッシュ(buche)は木、ノエル(Noel)はクリスマスを意味します。
すなわち、ブッシュドノエルは「クリスマスの薪」を意味するのです。
寒い時期にふさわしい、暖かそうなネーミングですね。

【ブッシュドノエルの由来】

ブッシュドノエルの由来は諸説ありますが、有力なものは以下の通りです。
・イエス・キリストの誕生を祝って、暖炉で一晩中薪を燃やした
・クリスマスプレゼントを買えない貧しい青年が、せめて暖かく過ごしてほしいと恋人に薪を贈った
・前の年に燃え残った薪で灰を作ると、新しい1年の厄除けになるという言い伝え
・樫の薪を燃やすと1年間健康に暮らせるという北欧の言い伝え

家族や恋人、お友達がみんな幸せに暮らせるよう願いをこめて、ブッシュドノエルを一緒に食べましょう。

【ブッシュドノエルの簡単レシピ】

ふつうのケーキと形が違うブッシュドノエル、もしかして自分で作るのは難しいの?
…いえいえ、そんなことはありません!
市販のロールケーキにクリームを塗ってデコレーションすれば、
本格的なブッシュドノエルがカンタンに作れます!
お子様といっしょに作ってみるのも楽しそうですね。

○材料
市販のロールケーキ 1本(ココア・モカ味などスポンジ部分が茶色になっているものがオススメ)
生クリーム 1/2カップ
ココアパウダー 大2
生クリーム+ココアパウダーの代わりに、チョコ味のホイップクリームを使用してもOK

お好きなデコレーション用材料(イチゴ、粉砂糖など) 適量

○作り方
・ボウルに生クリームとココアパウダーを入れて泡立てる
・ロールケーキの端を少し切り、上に乗せて枝に見立てる
 型崩れが心配な時は、爪楊枝などでそっと固定する(食べる時には外しましょう!)
・ロールケーキの切り口を除く全体に泡立てたクリームを塗る
・木の質感に見立ててクリームの表面をへらなどで整え、フォークで筋をつける
・イチゴなどを乗せて飾りつけ、最後に粉雪に見立てた粉砂糖を全体に軽くふるう

○アレンジいろいろ
・できるだけ細かく砕いたナッツをトッピングすると、薪らしさがアップ!
・クリームに少量のお湯で溶いたインスタントコーヒーを加えると、オトナの味に!
・抹茶を加えたクリーム+粉砂糖の代わりに苔に見立てた抹茶をふると、和風ブッシュドノエルに!
(粉砂糖の代わりに抹茶を使う場合は、イチゴなどをトッピングする前にふりましょう!)
・クリームにいちごシロップを加えると、ピンクのブッシュドノエルになります。女の子におすすめ!
・クリームの代わりに砂糖を加えてほぐしたクリームチーズを塗ると、チーズケーキ風に!

いかがでしたか?
市販のデコレーションケーキも素敵だけど、
今年のクリスマスは楽しく手作りできておサイフにも優しいブッシュドノエルを試してみませんか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ