お歳暮とお中元の違いは?時期ははいつがベター?

お歳暮の時期がやってきますね。

社会人になると、上司や取引先へお中元・お歳暮を贈ることもあるのではなしでしょうか。

お歳暮の意味、お中元とお歳暮の違いや、適切な時期などを説明します。

「お歳暮にはどのような意味があるのでしょうか?」

年末になるとよく耳にするお歳暮。どのような意味があるのでしょうか。

社会人になると、会社の上司や取引先へ向けてお歳暮を贈ることもあるでしょう。
また、結婚式の仲人さんへ毎年お歳暮を贈るなど、いろいろなシーンでのお歳暮があります。

「歳暮」とは、年末、歳末、年の暮れという意味があります。

お世話になった方へ一年の締めくくりとして感謝の気持ちを込めて贈り物をする習慣があります。

この贈り物を「お歳暮」といいます。

お歳暮の贈り方としては、直接お宅へ伺いあいさつする場合と、最近ではほとんど郵送で自宅へ届く方法が主になっています。

「お歳暮を贈る時期はいつが適切?」 

年末にお歳暮を贈る習慣があるといっても、年の暮のあわただしい頃に直接訪したり、荷物を宅配で送っても迷惑になることがあるかもしれません。
贈り物はあくまでも相手のことを一番に考えて時期を選ぶことも大切です。

お歳暮を贈る時期として一番ベストなのは、12月上旬~12月20日頃になります。

仲人さんへ贈る場合は毎年時期を決めておくと忘れることもありません。
たとえば、12月上旬にボーナスが出たらすぐに贈るなど、習慣づけておくといいでしょう。
20日以降だと、年末に向けてあわただしくなります。
贈る時期はよく考慮しながら選ぶといいでしょう。

「お歳暮とお中元、どう違うの?」 

お歳暮とお中元、どのような違いがあるのでしょうか?

お歳暮は12月上旬~12月20日ごろまでに贈る、一年の感謝を込めた贈り物になります。

お歳暮では、お正月の料理の一品として「かに」なども人気があります。
贈り先の相手の家族構成や年齢なども考慮しながら商品をえらぶといいですね。

お中元は7月上旬から中旬にかけて贈ります。半年間無事に過ごすことができたことへの感謝の気持ちを込めて贈ります。

お中元とお歳暮の両方を同じ方へ贈る場合には、内容をがらりと変えて贈ってみるのもいいですね。
たとえば、お歳暮はカニやお酒など大人向け。夏はジュースやスイーツなどの子供向けなど、
いつも同じ商品が届くよりも毎回違ってたほうが、贈られるほうも楽しみの一つになりますね。

「まとめ」

お歳暮やお中元は日本の素敵な文化だと思います。
相手のことを思い、感謝の気持ちを伝えるひとつの習慣としてこれからも大切にしていきたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ